債務整理を弁護士に依頼する場合

 

債務整理を弁護士に依頼する場合。
安心して弁護士に任すためにも、弁護士の選び方は重要です。

 

 

そもそも、債務整理を専門家に依頼する場合、
弁護士または司法書士に頼ることになります。
弁護士と司法書士では、債務整理の内容も異なり、
交渉権や訴訟代理権なども異なります。
弁護士の場合、たとえ140万円以下の総債権額でも、
それ以上であっても、交渉権や訴訟代理権を得ることはできます。
一方で司法書士は、140万円以下の場合でしか、
交渉権・訴訟代理権を得ることができません。
また、得られたとしても、140万円以下であるか否かは、
総債権額で判断されることになります。

 

 

さらに、弁護士は裁判所を利用できますが、
司法書士は簡易裁判所しか訴訟代理権を得ることができません。
これもまた、弁護士と司法書士の違いですね。

 

 

 

さて、債務整理をする上での弁護士の選び方についてですが、
「借金問題に強い」ことが第一になります。
この道のプロでないことには、頼っても意味がないでしょう。
また、費用や支払い方法がきちんとしていることも、大切です。
いくつかの弁護士を比較しながら、
安心して利用できるところを選びましょう。

個人再生中でも融資は可能か?

 

個人再生中でも融資葉可能か?
ということですが、一般的に個人再生などの債務整理をした後、
融資を受けられるのは最低でも5年は待たなければいけません。
その間は、住宅ローンや自動車ローンも組みにくくなりますから、
個人再生を利用する場合は、そういったこともきちんと理解しておく必要があります。
ただ、なかには個人再生中でも、融資ができる金融業者もあります。
これらは審査が緩いため、債務整理をしていても問題なく融資ができます。
しかし、一般的には個人再生中はもちろんのこと、
個人再生後は5〜7年は信用情報機関に登録され、融資ができなくなります。
審査が緩いところは、その分注意も必要になりますので、
個人再生をしたら、融資は我慢するようにしましょう。

 

 

万が一、個人再生中に融資をしたい場合、または融資ができた場合は、
きちんと計画を立てる必要があります。
個人再生中といっても、毎月返済しなければいけませんから、
融資をするということは、その分返済が増えてしまいます。
無計画に利用すると、結局借金地獄に陥る恐れがありますので、
個人再生中・個人再生後の融資はしっかり計画を立てましょう。

 

過払い金を取り返して借金から開放される

債務整理情報について